電気科

電気科 概要


※アナログ第三種電気電気通信設備担当者は名称変更され、現在は主に工事担任者DD3種の取得に取り組んでいます。


電気科 カリキュラム

 豊かな地球に優しいエネルギー、地上のあらゆる場所で、 ますます必要とされる電気技術。基礎・基本を学び、 電気を利用する技術・技能の修得を目指します。
 電気技術者には、男女を問わず、その技術・技能を通して、人々に貢献のチャンスがいっぱい。女性にも適した勉強です。
名市工で電気技術者への一歩を踏み出しましょう。

 1・2年次に普通教科の科目の他に、以下のような専門科目を学びます。

工業技術基礎 いろいろな加工技術や生産技術、測定技術など、工業のいろいろな分野の基礎技術を、実験、実習を通じて体験的に学びます。
情報技術基礎 社会と情報技術の関係、ソフトウェア、プログラミング、ハードウェア、データ通信などの基礎技術を学びます。
電気実習 電気の基礎的な知識・技術を、実際の作業を通して、総合的に学習します。
電気基礎 電気技術全体の基礎となる理論・知識を学習し、実際の電気技術に活用する能力や態度を身につけます。
電気製図 工業製図全般の基礎知識と電気に関する製図の基礎を、実際の作図を通して学び、図面を読んだり、構成する力を身につけます。
電気機器 発電機、モーター、変圧器、大電力用の半導体素子や回路について、その原理、構造、特性、その材料について学び実際に活用する力を身につけます。
電力技術 電力の発生から安全に利用するための技術や法律の基礎、電力の応用技術、機器の制御技術の基礎などを学びます。
電子技術
(選択)
ICなどの半導体やデジタル回路の基礎的技術、電話や情報通信システムの基礎、電子計測について学び、実際に活用する力を身につけます。


電気科 実習内容

 

電気計測 電気基礎実験および各種の計測
電気工事 電気工事の基本実習

電気計測 メガー・接地抵抗器による各種抵抗の測定 他
電気機器 交流電力の測定・発電機・電動機の特性試験・変圧器の極性試験および各種結線他
電気工事 電気工事士筆記試験対策・電気工事の応用実習
電子工学 シンクロスコープによる波形の測定・太陽光発電・ICロジックによる各種回路他
自動制御
情報処理
リレーシーケンスの基礎・パソコンによる制御・Windowsの基礎

電気工事 総合応用実習
電子回路
電子測定
基本論理回路・PICによるLED制御回路製作・PICマイコン学習キットの製作
電気・電力機器 力率改善・保護継電器の特性・模擬送電線実習・高電圧の体験学習
電気力率計による単層誘導電動機の特性
自動制御
情報処理
シーケンス制御・PICによるプログラミング制御
ロボット制御・プレゼンテーション用ソフト・パソコン通信とワープロ他


電気科 コース選択

 3年進級時に以下のコースに分かれる事で、より専門的な知識や技術を習得します。

電気システムコース

 電気工事士や電気工事施工管理技士、電気主任技術者などの国家資格取得を目指します。

内線工事実技 実際のビルや住宅などの電気(配線)工事現場での仕事を想定し、現場の即戦力となれるよう実技実習を行います。
設備工事 電気工事の施工管理を行う〈施工管理職〉を目指す人に勧めたい科目です。2級電気工事施工管理技士の資格取得を目指して、学習を進めます。
屋内配線 電気工事の現場で働く〈技能職〉を目指す人に勧めたい科目です。第一種・第二種電気工事士の資格取得を目指して、学習を進めます。
電力技術 電力技術の理解を深めると共に、電力の発生・輸送・利用と制御の理解を深め、電気工事士および電気工事施工管理技士の資格取得を目指して、学習を進めます。
電子システムコース

 ICなどの電子部品や、電子回路について学び、さらに電話についても理解を深め、電話工事の資格取得を目指します。理解が進めば、面白い制御回路の組み立てができるように学習します。

マイクロ
エレクトロニクス
情報機器などに使われている電子部品の理解のため、各種IC・電子部品を電子回路シミュレータなどを利用して、学習を進めます。
電子技術 電子技術の理解を深めると共に、電話やデータ通信、インターネット技術などの通信技術の理解を深め、電話工事担任者の資格取得を目指して、学習を進めます。
電子計測制御 入力としてのセンサーやインターフェースを学び、それをコントロールするシーケンサー、コンピュータを知り、生活を豊かにするための自動化について学習します。


電気科 詳細ページ