環境技術科

環境技術科 概要


環境技術科 カリキュラム

 水や大気、土壌など私たちにとって大切な環境を守る技術を学び、その基本となる化学技術を学習します。
 また、バイオテクノロジーの基礎、コンピュータの活用についても学びます。
 技術と環境の共生を考える幅広い技術者の育成を目指しています。

 1・2年次に普通教科の科目の他に、以下のような専門科目を学びます。

工業技術基礎 紙のリサイクルやせっけん作りなど身近で環境に関することについて実習を行います。
情報技術基礎 コンピュータの基礎を中心に、その活用やプログラミングについても学習します。
環境技術実習 物質の性質・特徴を調べたり、重さ,体積,濃度などを測定する技術を学びます。
工業化学 環境と関係の深い化学の基礎・基本について幅広く学習します。
地球環境化学 地球と人間活動の関係を様々な角度から学びます。
工業数理基礎(選択) やさしい数式を使って面積、速度などの実用的な計算を学びます。
生産システム技術(選択) 電気電子等の基礎的な知識を学び、実際の現場で役立つように学びます。

 


環境技術科 実習内容

 

純物質と混合物・青写真・溶解度
質量と体積の測定(電子てんびん)・密度の測定・結晶硫酸銅中の結晶水の定量
試薬の取り扱い・化学反応1・化学反応2(電池)

中和滴定・金属イオンの性質・水質検査(酸化還元滴定、COD)
結晶硫酸銅中のCuの定量・密度、比熱の測定・単位操作
環境分析I・環境分析II・リレーシーケンス
CAD・プロコン(コンピュータ制御)

原子吸光分析・赤外吸光分析・ガスクロマトグラフ分析・分光光度分析・吸光光度分析・プレゼンテーション用ソフト
ガス熱量計・二酸化窒素の測定・水の流量測定・気液平衡測定・連続蒸留・品質管理
バイオリアクター・微生物基礎・細胞融合・組織培養
融点測定と状態図・溶解度の測定・反応熱・電位差滴定

 


環境技術科 コース選択

 3年進級時に以下のコースに分かれる事で、より専門的な知識や技術を習得します。

システムコース(System Course)

 水や大気など、美しい環境を守るための 知識と技術を学習します。

化学工学 化学プロセスの考え方や環境保全への応用を学びます。
環境保全 環境保全についての基本的な知識と技術を学びます。
環境技術実習 CADソフトやベクターイメージソフトの基本操作を学びます。
分析コース(Analysis Course)

 水・空気・土壌などの環境を調べる化学分析の知識と技能を学習します。

地球環境化学 地球と人間活動の関係を様々な角度から学びます。
環境分析 環境測定に多く用いられる化学分析の基礎的な知識と技術を学びます。
環境技術実習 化学分析の各種実験を行い、基礎的な知識と技術を学びます。


環境技術科 詳細ページ