2018年4月11日(水)〜13日(金)に、名古屋市野外学習センター(稲武)において、1年生の校外学習が実施されました。
前班:電子機械科、自動車科、情報技術科 11日(水)〜12日(木)
後班:機械科、電気科、環境技術科 12日(木)〜13日(金)
それぞれ一泊二日で高校生としての心構えや仲間との共同生活を、大自然の中で身をもって体験してきました。

 朝9時に学校を出発しました。気持ちの良い晴天でした。


 野外センター到着後11時からセンタープラザにて入所式を行いました。


 昼食はみんなで協力してデイキャンプ(やきそば作り)を行いました。
 慣れない手つきで食材を切ったり、火をおこしたりと大変でしたが、協力しあっておいしい(?)やきそばを作ることができました。


 デイキャンプの後、一旦宿泊棟へ移動した後、体育館で講話を聞きました。
 ここでは生活指導の先生から名市工についての説明や高校生としての心構えなどの話がありました。
 また安全講話も行われ、自転車の正しい乗り方についてのレクチャーがありました。安全を確保した会場で、傘差し運転や2人乗りの危険さを体験しました。


 今日のことを振り返りながら、夕食もみんなでおいしく頂きました。


 朝のラジオ体操の様子、寝坊することなく集合できました。


     

 前班(R・A・I)の2日目は雨のため、残念ながらハイキングは中止となりました。
 しかし、体育館でドッジボールをしてクラスの親睦を深めました。
 後班(M・E・K)の2日目は無事ハイキングを楽しむことができました。